しわとたるみの原因

どうして加齢とともにしわやたるみが出てきてしまうのか気になる人も多いことでしょう。
しわとたるみの1番大きな原因は、私達の肌にあるコラーゲンの減少と弾力の低下である。
肌にハリと弾力を与える役割を持つコラーゲンが、加齢とともに減少することでたるみやしわができてしまう。
肌を若く保つための成分は、年齢が上がってくると質が低下したり、減少してしまう。
肌の水分量が減少してしまうことで、たるみやシワが発生することになる。

加齢に伴い新陳代謝が悪くなると、顔周りの脂肪が落ちづらくなり、それがたるみの原因となってしまう。
紫外線は、シミ、しわ、たるみを加速させる大きな原因となる。
肌が乾燥していると外からのダメージを受けやすく過敏になるため、それがしわやたるみの原因にもなる。
乱れた食生活や睡眠不足も肌に良くない影響を与え、老化を早めてしまう。
目の周りなどに出来る小さなしわは、一時的な乾燥が繰り返されることで出来る。
深いしわやたるみの場合、光老化といって紫外線(A波)が主な原因である。

若い頃の日焼けは、その時はわからないものだが歳を重ねるうちに影響が出てくる。
紫外線は、肌の若さを保つ成分であるコラーゲンを破壊してしまうのだ。